【水族館átoa】まるで異世界!?アートと一体になった新感覚アクアリウムに潜入(レポート前編)

10月に神戸ポートミュージアム内に誕生した劇場型アクアリウム「átoa(アトア)」。
オープン前からSNSでも話題沸騰なのでご存じの方も多いのではないでしょうか?

実は、そんなアトアを美学生図鑑がオープン前に特別に取材させてもらっていました!

アートと融合した水族館での心躍る体験を、美学生3人が前後編にわたって紹介します。

左から、武庫川女子大学の杉浦佳那香ちゃん、神戸大学の森岡歩実ちゃん、関西大学の近藤千優ちゃん

※撮影時のみ許可を得てマスクを外しております

【CAVE】一歩足を踏み込むとそこは幻想的な世界

神戸ポートミュージアムの2〜4階がアトアのエリア。全部で8つのゾーンに分かれていて、それぞれのゾーンで独特の世界観が楽しめるようになっています。

2階の入口をくぐり抜けて最初に足を踏み入れるのは「CAVEーはじまりの洞窟」。
鏡張りの部屋になっており、天井からの魚群照明が幻想的な空間を作り出します。

杉浦さん
入った瞬間、一気に異世界へ惹き込まれる感じがしました。ライトが魚の群れみたい!

【MARINE NOTE】海の中へ潜り込んだようなゆったりとした空間へ

CAVEを抜けると「MARINE NOTEー生命のゆらぎ」というゾーンに。青く広々とした空間はまるで海の中にいるよう。

タツノオトシゴ
森岡さん
可愛くて何時間でも見ていられそう!

ネコザメ
近藤さん
ずんぐりとした体型でサイズ感がとっても可愛い!
館内最大の海水水槽「Mega Cylinder(メガシリンダー)」。ウシバナトビエイが泳いでいる。
杉浦さん
色々な生きものを自分の目の高さで間近に見られるので、生きものが身近に感じられます。

【ELEMENTS】魚だけじゃない!多様な生きものを見られるのもアトアの魅力

続いてのゾーンは「ELEMENTー精霊の森」。雰囲気が一変し、森の中に迷い込んだような感覚に。

森岡さん
室温も他のゾーンと比べて暖かいし、空間の色味も変わって本当に自然の中にいるみたい。

このゾーンでは川や水辺に暮らす淡水魚や、爬虫類、両生類、哺乳類などさまざまな生きものが展示されています。

エメラルドツリーボア
コバルトヤドクガエル
アフリカチビネズミ
アルダブラゾウガメ
杉浦さん
こんな巨大なカメを間近で見られるとは思いませんでした!

ワラビーに大興奮の3人!
近藤さん
ワラビーが見られるなんて感激です!

【FOYER】知的好奇心をくすぐる展示空間

続いて3階へ。「FOYERー探究の室」というゾーンにやってきました。

「そこのお姉さん、名前は何と言うんじゃ?」

迎えてくれたのはアトアのキャラクターの一人、アンモーン長老。ここではアンモーン長老と会話することができます。

杉浦さん
ボケたり、ジョークを飛ばしたり私たちがお願いしたポーズをとってくれたり、色々なコミュニケーションをとることができて楽しかったです!

オーバーハング水槽「átoaSky」では、生きものたちの泳ぐ姿を下から眺めることができます。

カメが寄って来てくれました
ポルカドットスティングレイ
水槽の奥の壁面の絵。実は迷路になっているそう。時間があればチャレンジしてみては?!

他にもFOYERには知的好奇心をくすぐるコーナーが。こちらの顕微鏡では生きものの標本を手に取ってじっくり観察することができます!

椅子に座って記念撮影

【MIYABI】写真映え抜群!日本の“和”の文化を味わう特別空間

ここからアトアを代表する2つのゾーンが続きます。

まずは「MIYABIー和と灯の部屋」。日本の和が演出された空間に魅了されます。

ガラス床水槽「MINAMO(ミナモ)」
近藤さん
足元にたくさん鯉が集まってきてすごかったです!檜のいい香りもして落ち着く空間でした。

壁の組子模様が美しい

MIYABIでは、切り絵作家・酒井敦美さんによる切り絵をモチーフにした「にほはしき時の巡り」も上映。

四季の鱗を持つ「花咲案内魚」が春の化身「櫻龍」へと姿を変えるストーリー

杉浦さん
切り絵があしらわれた柱や鹿威しなど、和の演出に心奪われました。

【PLANETS】まるで宇宙空間。日本最大の球体水槽と光×ミストの演出

アトア最大の見どころとも言えるのが、「PLANETSー奇跡の惑星」。

ゾーンに足を踏み入れるとまずは半球形の水槽の展示が
森岡さん
さっきのMIYABIの世界観からガラッと変わって、星空の中を歩いているような感じ!

しかし、これはまだゾーンの入り口に過ぎません。暗幕をくぐり抜けて中へ入ると……

直径3メートル、日本最大級の球体水槽「AQUA TERRA(アクアテラ)」

レーザーとミストによる光のショー「AQUA UNIVERSE」は圧巻!

杉浦さん
まるで宇宙空間から地球を眺めてるみたい!水槽や生きものだけじゃなくて空間全体を楽しめるゾーンでした。

【GALLERY】五感で感じて!様々な仕掛けを楽しめる展示

3階最後のゾーン、「GALLERYー探求の回廊」。ここには視覚、聴覚、嗅覚など五感で楽しめる展示が並びます。

自分の着ている服の柄によく似た魚が現れるコーナーや、

色々な動物のお尻の匂いを嗅げるというコーナーも!

ペンギンのお尻の匂いを嗅ぐ近藤さん。納豆みたいな匂いだったとか?!(笑)

 

「前編」はここまで!
「後編」では4階エリアやカフェ、ショップなど、アトアの魅力をまだまだ紹介します!

施設情報

施設名 átoa(アトア)
場所 兵庫県神戸市中央区新港町7番2号 神戸ポートミュージアム 2F〜4F
アクセス 各線三宮駅から徒歩約18分/各線元町駅から徒歩15分
営業時間 10:00〜21:00(最終入場20:00)/年中無休
入場料金 大人(中学生以上)2400円/小学生 1400 円/幼児(3歳以上)800円/3歳未満 無料
ホームページ https://atoa-kobe.jp/
最新情報をチェックしよう!
>美男美女大学生の写真&インタビューメディア「美学生図鑑」

美男美女大学生の写真&インタビューメディア「美学生図鑑」

『大学生は、美しい。』というテーマの下、全国の輝く大学生を発掘し、その美しさを切り取った写真と内面にフォーカスしたインタビューを掲載。大学生や中高生にとってロールモデルとなるような等身大のキャンパスライフを発信中。2021年4月現在、掲載学生数は2000名超。モデル・スタッフも随時募集中!