モデルさんの人生を後押ししたい。【インタビュアー大久保朱理】

「美学生図鑑って、一体どんな人たちが作っているの?」という疑問に迫る、シリーズ『美学生図鑑の中の人』。第9弾はインタビュアーの大久保朱理(立教大学4年生)。
アイドルコピーダンスサークルに所属し、自らも表舞台に立つ彼女が美学生図鑑のスタッフに応募した理由とは?最近ではインタビュアーの枠を超え、企画や営業まで担当する彼女に、活動の苦労ややりがいについて語ってもらいました!(取材:朝倉杏海)

サークル活動で実感したメディアの力 今度は自分が……!

ー美学生図鑑のスタッフになってどのくらいが経ちましたか?
2020年の2月に採用してもらったので、もう1年以上経ちましたね。

ーそもそも、朱理さんが応募したきっかけって何だったんですか?
2つあって、1つ目は、幼い頃からアイドルが好きで、その延長線上で大学のミスコンテストをチェックしているうちに美学生図鑑にたどり着いて、それからずっといち読者であったことです。

2つ目の理由は、夢や目標に向かって頑張っている学生をメディアの力を使って後押ししたいと思ったからなんですけど、これはサークルでの経験から湧いてきた想いなんです。

-サークルでの経験ですか?

私、「乃木坂ラボ」っていうアイドルコピーダンスサークルに所属してるんですけど、以前、そのサークルでの活動をテレビやYouTubeに取り上げてもらう機会があったんです。その時、単純に嬉しかったし、メディアの力って大きいなって思って。

-どんな反響があったんですか?
普段あまり連絡を取っていない友達からも「見たよ!」と言ってもらえたり、Twitterのフォロワー数が増えたりもしました。やっぱり多くの人の目に触れるメディアで取り上げてもらえると、自分たちの存在を広めることができるんだなぁって。

この経験を通じてメディアってすごいな!って思ったからこそ、今度は何か頑張っている人を自分が広めていける立場になりたいなって考えて、ずっと見ていた美学生図鑑にインタビュアーとして応募することにしたんです。

ースタッフになってからはどうでしたか?
初めは研修として先輩スタッフのインタビューに同行するのですが、正直めちゃくちゃ緊張して先輩とすら上手く喋れなかったくらいです(笑)

取材を見学してみて思ったのは、結構自然な会話をするんだなっていうこと。「インタビュー」とか「取材」という言葉を聞いて堅苦しいイメージを抱いていたんですけど、まったくそんなことはなくて。だけど、友達と喋ってる時とは違って感情の動きをすごく深堀りしていて、なんか不思議でしたね。

あとは、会話を録音してるのとか、取材のためのリサーチをしたノートが手元にあるのがカッコよかったです(笑)カメラマンの撮影も本格的で、同じ学生なのにこんなすごい人たちがいるんだ!って、自分が知らない世界を見られたような気がしました。

“日常会話”とは違う、“取材”の難しさ

ーその後、数か月の研修を終えて独り立ちしました。初取材はどうでしたか?
青山学院大学の計田和香菜さんの取材だったんですけど、やっぱりすごく緊張しましたね(笑)

計田和香菜さん(2020年3月掲載)

モデルさんの学部が「地球社会共生学部」っていう特殊な学部だったのもあって、事前によくリサーチをしてからインタビューに臨んだんです。だからもう、メモしたノートは文字でビッシリで。

-取材は上手くいきましたか?
いや、話の深堀りができませんでした。

普段友達と会話するときは、そこまで深く聞かないじゃないですか。一緒に居る時間が長いから、「○○を頑張った。」って言われたとき、「どれくらいどう頑張ったの?」って聞かなくてもイメージがつくんですよね。

でも、初対面の人にインタビューするってなると、そこまで深く聞かなきゃいけないんです。ただ、どう質問したら良いのか分からなくて……。

あらかじめたくさん質問を考えていたので、一問一答を続けることで取材時間としてはそれなりの長さになったんですけど、今振り返ると深さが無かったなって思います。日頃、自分がどれだけ思い込みやイメージで友達と会話をしているかが分かって、ショックすら受けました(笑)

ーインタビューの後は実際に記事を書いていきますが、それはどうでしたか?

まず、文字起こしのために録音した音声を聞いていたら、自分が早口すぎてびっくりしました(笑)

記事は書けたら提出して、編集長やチーフインタビュアーが添削してくださるんですけど、自分が相手のことを知ってるていで書いてしまった部分を指摘されましたね。読者はモデルさんのことを一切知らないので、モデルさんの経歴や活動など前提となる事柄をわかりやすく記事に盛り込んでいかないといけないんです。その上で感情にフォーカスして、やっと伝わる記事になります。

ーこれまでで取材した中で印象に残ってるものはありますか?
どのモデルさんの取材もそれぞれ違う良さがあるんですけど、やっぱり「ミスコン特集」は思い出に残っていますね。

ミス立教2020特集

私はミス立教を担当しました。自分の通ってる大学ということもあるし、高校生の時にはコンテストを会場へ見に行ったこともあるほどだったので、担当できたことが嬉しかったです。

-取材はどうでしたか?
すごく難しかったです。ミスコンに出てる人たちって志望動機や活動内容が一見似通っているんですよね、特に2020年はオンラインでの活動も多かったので。

どういう風にその人ならではの個性や魅力を伝えていくかがインタビュアーとしての役目だと思ったので、色々な角度から質問してなんとかその人なりの良さを掴んで書いていきました。

ーインタビュアーとして1年間活動してきてどうですか?
1年間活動してきて、もともとあった「頑張っている人を後押ししたい。まだみんなに知られていない人を世の中に伝えたい」という思いがより強くなりました。

だからこそ、インタビュアーとしての活動だけじゃなくて、YouTubeの企画や特集の企画、モデルさんの発掘も頑張りたいなって思いますね。

自分のアイディアが形に 雑誌のようなページにテンションMAX!

ーインタビュアー以外の活動もやっているんですね!
そうなんです。美学生図鑑では「カメラマン」や「インタビュアー」などの役職の枠を超えて、「企画」や「営業」など責任のある仕事もやる気があれば任せてもらうことができるんです。

―これまでにどんなことをしてきたんですか?
例えば、昨年12月の『クリスマスデート特集』では、企画から取材店舗へのアポ、実際の取材までを一貫して担当しました。

クリスマスデート特集2020

「まだまだスキルも何もない私にこんなに任せてくれるのか!」というワクワク感と同時に、プレッシャーも感じましたね。

普段の美学生図鑑の取材はモデルさんの魅力に迫るものなので、コンテンツの内容はモデルさんが提供してくれるじゃないですか?だから、型を考えるのに慣れていなくて、何から手を付けたら良いのか分かりませんでした。

-まず、何から始めたんですか?
企画を実施するにあたって協力していただくお店に特集の内容を把握してもらうべく、企画書を作りました。純粋に自分の一女子大生としての「こういう記事があったら参考になるかも!面白そう!」みたいな感覚を頼りに、記事の中身のイメージを練っていきました。

イメージを具体化するためにサンプル記事も作成

-企画書作りで意識したことはあります?
1つ目は、クリスマスデート特集ということで、特別感、高級感、大人っぽさを大切にしつつも、大学生が参考にしやすいような親しみやすさを取り入れることと。2つ目は、飲食店の紹介をするだけでなく、そのモデルさんならではのデートやファッションのエピソードを盛り込むこと。この2点を意識しました。

そして、企画書ができたら実際にお店にアポ取りをしていったんですけど、これが相当難航しました……。

-どんな感じだったんですか?
まず、メールでアポをとろうということで依頼の文面を考えたんですけど、全然ダメで(笑)

私の書いたメールは、自分たち側のメリットばかりを考えた内容で、取材させてほしいという一方的なアピールでしかなかったんです。「これじゃ相手が引き受けるメリットなくない?」「この表現じゃ上から目線だよ。」と編集長をはじめとする社会人スタッフの方々に言われたのを覚えています。人に何か頼むということは、その人の時間や体力を使うということだから相手のメリットも考えて提示することや、謙虚さが必要だと学びました。

それからアドバイスをもとに修正をして、出来上がった文章を20店舗くらいに送りました。

-結果はどうでしたか?
運良く数店から返信をいただけたので、メールでやり取りをしたり直接電話で打ち合わせをしたりしました。

私は大学生ですけど、相手はまさか自分のことを学生だと思わないじゃないですか。だからもちろん、ハードルを下げて対応してくれるわけじゃないんです。会社の一員として電話を掛けているから余計にプレッシャーを感じましたね。

企画を思い立ったのが11月だったんですけど、12月上旬くらいまでお店が確定せず、取材や編集にかかる時間を考えるともうギリギリだったので、一時は企画がボツになるかもしれないと不安でいっぱいで……。無事、3店舗に協力していただけることが決まった時は一安心しました。

-店舗が決まったあとは?
モデルさんをリストアップして、スケジュールを調整して、実際に取材に行きました。

普段、友達とかとは行かないような、お洒落な料理が出てくるお店で素敵でした!しかも、本当にありがたいことに3店舗中2店は飲食料をサービスしてもらえたんです。クリスマス前の忙しい時期だったのに快く協力してくださって、感謝の気持ちでいっぱいでした。

取材が終わって記事作成をする時にはモデルさんの魅力とお店の魅力が存分に伝わるようにいつも以上に言葉選びに気を遣ったし、記事のタイトルもキャッチーなものをみんなで案を出し合って決めました。

-完成した記事が公開された時はどんな気持ちでしたか?
公開予定時間の2時間前くらいからワクワクソワソワしながらスマホをずっと見て待機していました(笑)

写真と文章がいい感じのバランスであって、まるで雑誌のようなレイアウトになったのでテンションが上がってしまって……。嬉しすぎて、紙に印刷して手元に残しました(笑)

-頑張って作った記事は思い入れがありますよね!改めて、特集企画を振り返ってみてどうですか?
自分がずっとやってみたいと思っていた、食やファッションの特集というものを美学生図鑑で実現できて本当に嬉しかったです!プレッシャーも大きかったけど自分のアイディアが形になったことへの喜びや達成感はそれ以上でした。

協力してくださったお店の人はもちろん、後押ししてくださった先輩スタッフの皆さんに感謝ですね。今年もまたこの特集をやれたら良いなと思っているので、頑張ります!

“人”が素晴らしい 美学生図鑑という組織が大好きなんです(笑)

ー美学生図鑑のスタッフとしての活動を通して学んだことや成長したことはありますか?
数えきれないほどあります!一番の成長は初対面の人とも上手く関係を築く力がついたということですかね。

もともと私は人見知りで、自分から話しかけるのが苦手なタイプだったんです。でも、インタビューでは、取材させていただいてる立場だから自分から和ませるべきだと思っているんです。

もちろん私も少し緊張はしているけれど、それを感じ取られないように、会話を投げかけていくことが大切だし、徐々に出来てきたかなと思います。

ー朱理さんは大学卒業まであと1年ほどですが、それまでに美学生図鑑でやりたいことはありますか?
私、普段はあまり言わないんですけど、この組織がすごく好きなんです(笑)自分がやりたいことと美学生図鑑でできることが同じだなって思っているので、もっとここで色々なことをやってから卒業したいですね。

-例えばどんなこと?
今までにやってこなかった特集も企画してみたいですし、こういう活動をしてる大学生も居るんだよっていうのをもっと世の中の人に伝えていきたいです。

あとは、会社としてやっているモデルキャスティング事業の営業活動やYouTubeチャンネルのプロデューサーも任せていただいているので、そこでの面白いコンテンツ作りなど、やりたいことは本当に無限にあるので、就活がひと段落したらまた頑張ります。

ー朱理さんの考える、美学生図鑑の良さって何だと思いますか?

大学生スタッフも、社会人スタッフも、色々な経験をしてきた人たちが集まっていて“人”が素晴らしいところです。お世辞抜きで、本当に尊敬できる人しかいないです。

例えば、一緒に『ミス立教特集』を担当したカメラマンは芸大に通っていて、「どこで買ったんですか?」と聞きたくなるほどおしゃれな財布を自分で作ってしまうほどの人なんです。それに、例えば就活のことで何か悩みがあったら、美学生図鑑とは関係のないことでも真剣に相談に乗ってくれるんです。

ここのスタッフになっていなかったら、今の自分とは違う自分だったかもって思います。美学生図鑑に入って、自分が良い方向に変わっているなと実感します。

あと、美学生図鑑のスタッフをしていると、周りには「ただ可愛い子が好きで会いたい人」だと思われがちなんですけど、取材や記事を通してモデルさんの人生を左右する、後押しできる、そんな活動だと私は思っているんです。

記事は時に、モデルさんにとって履歴書のような役割を果たすこともあるんです。基本的に本名と大学名が掲載されるので、就活で人事の方がご覧になるという話も聞きます。そう考えると責任も感じるけど、記事がモデルさんにとって何かのきっかけになるのは嬉しいことですよね。

ー最後に、美学生図鑑のスタッフに応募したいと思っている人へメッセージをお願いします!

純粋に美学生図鑑の活動自体に好奇心や興味を持っている人には是非入ってきてほしいなって思います。会社だけどアルバイトではないし、直接目に見える対価は少ないけど、その分活動そのものにすごく価値があると思うので、そこに喜びや自分にとってプラスになるものを感じられる人に来てほしいですね。

以前、スタッフの先輩に「うちは人に迷惑をかけなければ基本何でもできる組織だよ。」と言われたことがあります。その言葉通り、自由で、やる気さえあれば何でもできる組織です。皆さんからの応募を心よりお待ちしています!

スタッフ募集詳細はこちら

最新情報をチェックしよう!
>美男美女大学生の写真&インタビューメディア「美学生図鑑」

美男美女大学生の写真&インタビューメディア「美学生図鑑」

『大学生は、美しい。』というテーマの下、全国の輝く大学生を発掘し、その美しさを切り取った写真と内面にフォーカスしたインタビューを掲載。大学生や中高生にとってロールモデルとなるような等身大のキャンパスライフを発信中。2021年4月現在、掲載学生数は2000名超。モデル・スタッフも随時募集中!